宅配サービスで万が一トラブルがあった時の種類と対処方法

>

需要が増加したが故のトラブルの増加

需要がものすごく増えたことでトラブル増加

需要がものすごく増えて便利になった分、宅配サービスにおけるトラブルも多く報告されているようで、今ちょっとした問題になってきています。
原因として需要の増加に伴うドライバー不足による質の低下、現状の人員で業務を行なっていることによるオーバーワークの発生による人為的ミス、一人のドライバーが過剰な顧客の荷物を担当してしまうことによる誤配など、様々な要因が挙げられます。
また顧客の責任による事故も多くなっており、顧客である我々にも考えなくてはいけないことがあると思います。
便利さに乗っかってしまって無理難題を要求するクレーマーや、不在ばかりなのに連絡をまったくしないなどこちらの配慮で解決する問題もあるのではないかと思います。

種類も細分化されており様々なトラブルが

また宅配するものの種類や日時指定などの縛りの多さもあり、遅配や誤配、荷物の紛失など明らかに過失によるものや長期にわたって不在を続けて受け取らないで済ましてしまったケースなど、トラブルの種類が細分化されてしまっているように感じます。
また最近になってサービスとして導入が進んでいる宅配ボックスによるトラブルの増加も指摘されており、宅配ボックスに荷物が入らないので持ち帰る、宅配ボックス自体を確認しない、配達員が暗証番号を間違って入力など、人為的なトラブルや、悪質な例では宅配ボックスを私物化して私物で埋め尽くしてしまい、他の住人が使えない状態にしている例など、多種類に及ぶトラブルが発生しており、こちらも大きな問題になっています。


この記事をシェアする